×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




高血圧を治療する一番の方法は?

年齢とともに老化が進み、それにつれて血圧が上昇して血管も老化も進みます。年をとることと高血圧はきってもきれない関係にあります。

血圧が高くなると様々な病気を発症する引き金となることがあります。心臓や腎臓、脳、血管を害します。動脈硬化の可能性を高め、弱くなった血管が壊れることにより脳出血に、ひいては心筋梗塞や脳梗塞につながることも・・・。

では加齢による高血圧は避けることができないのかというと、そんなことはありません。

病院あるいは民間療法も含め予防、改善をうたう方法は数多くありますが、大半はあまり根拠がないものです・・・。正しい治療をすることで予防し、あるいは進行を遅らせ、健康的な生活を取り戻すことはきっとできます。

その逆に、間違った方法では、健康になるどころか逆効果の場合もあります。たとえば薬物による治療には、ある大きな危険性が伴います。しかし、多くの方が知りません。


高血圧の薬に隠された危険性とは

高血圧を改善するために医師から処方される薬・・これらを飲まれている人には思い当たることがあるかもしれませんが、様々な副作用がともないます。

例えば、頭が痛い・・・発疹、めまい、咳、冷え性、関節・ふしぶしの痛み・・

しかし、それよりも恐ろしいのが、降圧剤を服用し続けることで、認知症になりやすくなるということです。

さらに・・・

いくら飲み続けても根本的な治癒はできない、にも関わらず認知症になる確率を高める・・・そんな薬物療法の大きなリスクについて、知らされていないのが現状なのです。

 ≫薬物治療のリスクの詳細はこちら


食事療法をおすすめする理由

結論からいってしまうと、高血圧には食事療法が一番望ましいようです。

なぜ食事によって改善していくのが望ましいのでしょうか。それは、本来の健康的な生活の中に薬を入れるのは望ましくないからです。

人間の身体には、自然と健康になっていく自然治癒の機能というのが備わっています。確かに年齢と友にその機能も低下してきますが、 そこは適切な栄養バランスを考えた食事、栄養と無理のない運動をすることで補うことが出来ます。

特に高血圧というのは、ほったらかしにしておいて治っていく者ではないと思います。老化に加え生活習慣が生みだしているのですから、 注射や薬といった対症的な治療法ではなく、根本から改善していくのが一番身体に優しい治療法といえるでしょう。

塩分を控える必要なし、つらくないから簡単!たったの3日でも血圧が下がっていくと評判の食事療法があります。

≫薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる食事法