×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




どんな風に現れるのか

高血圧になったらいろんな症状が現れます。 頭痛、肩こり、めまい、など‥。

その症状が出てきたら、まず、家にある血圧計で測定することをお勧めします。

普段から血圧を測定していると、自分の血圧がどのくらいであるのかがわかります。 血圧が、収縮期血圧が140以上または拡張期血圧が90以上であれば、すぐに病院へ行ったほうがいいでしょう。

血圧が高くなるといったいどんな症状が見れるのでしょう?

高血圧の症状には、めまい、動悸、息切れ、手足のしびれなどがあげられます。 他にもいろんな病気のサインであることがあります。その症状を放置しておくと、血圧は上昇し、脳梗塞や動脈硬化の原因にもなります。

血圧がもし最大血圧135〜140mmHg以上また最小血圧90mmHg以上の場合になると、治療が必要となってしまいます。

高血圧の症状が見られたら、すぐに病院へ行くことがとても大切です。 血圧の上昇を自分で見分けるには、薬局に備え付けの血圧計や、自宅で簡単に血圧が測定できる血圧計があります。

それらを上にあげた症状が見られたときに、すぐに使ってみましょう。 普段からも自分の血圧がどのくらいであるのかをしっかりと知っておくことがとても大事です。