×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




高血圧の薬物治療

高血圧の治療にはいったいどんな薬を使うのでしょう?

多くの高血圧の方が使われているのが、降圧剤です。 高血圧と狭心症、高血圧の動脈硬化との合併によって違う種類の降圧剤が使われます。

降圧剤の種類にはCa拮抗薬、ACE阻害薬、利尿薬、β遮断薬、α遮断薬があります。

治療薬(降圧剤)を飲まないまま血圧の高い状態をそのままにしていると、これらの合併症を引き起こしかねません。 ・脳卒中 ・心筋梗塞 ・動脈硬化 ・腎不全 など。

降圧剤の副作用

高血圧の治療のためにといって、これらの薬に頼ることはとても危険なことです。 理由の一つとしてこれらの降圧剤を使う治療にはさまざな副作用がでてくるからです。

副作用の症状には、だるさ、気力の低下、ふらつきだるさなどがあります。

また降圧剤を使うと脳卒中や糖尿病などの病気とぶつかってしまうことがあるのです。

降圧剤の怖さ

もっと怖いのは、「目」や「脳」、「内臓」にダメージを与え、認知症を引き起こしやすくなるということです。

大事なのは毎日の生活習慣、そして、日々の食事を見直すことがなのです。

高血圧の治療には、病院の降圧剤の治療に頼るのではなくではなく、毎日、自ら自分の生活を正していくことがとても重要なことなのです。 自分の健康は自分で守る、ということは、今の時代に求められていることです。

薬に頼るのではなく、食事を見直すことで根治させることが大事です。 それは高血圧治療に限ったことではなく、多くの病気を退け、健康的な身体になるということなのです。

塩分を控えなくてもOK、つらくないから簡単!たったの3日でも血圧が下がっていくと評判の食事療法があります。

≫薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる食事法