×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




どうして高血圧になるの?

高血圧の原因とはどんなものなのでしょうか?

高血圧になる方の多くが、肉類、油もの、お菓子などの、血糖値の高い食事を好んで食べているようです。

また、塩分の過剰摂取や、お酒の飲みすぎ、タバコの吸い過ぎ、不規則な生活習慣、運動不足ストレスなどがその原因になるようです。

上にあげたことをずっと続けているとどんどん血圧が高くなってきます。

人は、ストレスがたまるとうさばらしをしたくなります。 ストレスを発散しようとして、タバコをたくさん吸ったり、塩分の多いものやコルステロールの高いものをたくさん食べたりすると、血圧があがります。

高血圧の症状がでてしまったら、まず気をつけて行きたいのが食事です。 毎日の食事で、塩分を6グラム以上にする、野菜や果物などをたっぷり取るようにする、コルステロールを下げる効果のある青魚を多く取るようにしてみるといいでしょう。

毎日の食事以外で、気をつけていきたいことは、運動をよくすること、そして、タバコの本数を減らすこと、アルコールをなるべく控えることです。 またストレスをためないようにすること、睡眠不足にならないようにすることもとても大切です。

詳細:高血圧の食事

毎日の食事や、日ごろの生活習慣を正していくと、高血圧の症状が抑えられますので、ぜひ、心がけるようにしてみてください。 健康は一生の財産です。ぜひ、高血圧の症状が現れる前に毎日の食事、生活習慣を正していきましょう。